筋肉のある男性はモテる!夏に向けて筋肉トレーニングをしたい!最近太ってきたからダイエットに体を引き締めたい!

などと筋肉トレーニングを行う理由は様々だと思います。

筋肉トレーニングを行う事で脂肪を燃焼させ、すっきりときれいなボディーラインを作ったり、筋肉質な男性らしい体に
なる事が出来ます。

しかし、方法を間違えると筋肉を傷めて逆効果になってしまったり、怪我をしてしまうこともあります。

筋肉トレーニングを行う時には、しっかりと筋肉とトレーニングの相性やトレーニング方法を身に着けてから
行なう事が、理想の体を手に入れる一番の近道となっております。

この記事では、筋肉トレーニングの効率のいい方法について、分かりやすくお伝えしていきたいと思います。

筋肉トレーニングとスピードの関係

筋肉トレーニングを行う時に一番気になる事は、スピードではありませんか?

代表的なトレーニングに、腕立て伏せや腹筋、背筋といって誰もが知っているこの筋肉トレーニングですが、
スピードを間違えると筋肉はしっかりとついてくれません!

筋肉トレーニングの方法には速筋と遅筋という2種類の着き方があります。

早く行うと外側の筋肉である外筋が、遅く行う事で内側の筋肉である内筋がつきます。

速筋は直ぐに着く事が出来ますが、その分元に戻ってしまうのも早い筋肉です。

逆に遅筋は筋肉が着くスピードは遅いですが、一度ついてしまったらなかなか落ちない筋肉となっております。

この2種類の方法をしっかりと取りいれる事で、理想の筋肉が着く体になっていきます。

速筋をトレーニングの最初に行う事で、体内の筋肉細胞を活性化させ、その後にゆっくりと遅筋でのトレーニングを
する事により、キレイな筋肉が体に着きます。

また、女性の方であまり筋肉を着けたくないといった方には、速筋でのトレーニングをおすすめします。

この様に筋肉トレーニングを行う時には、2種類の動き方をしっかりと取りいれるようにしてください。

筋肉トレーニングと回数の問題!

次に筋肉トレーニングと回数の問題になりますが、100回すれば筋肉が着く!何回以しなければいけない!
というのは特に決まっていないのです!

確かに、回数を行う事で筋肉は着くのですが、基本的には何セットを行うか、鍛えたい箇所にどれだけ付加をかけるのか?
が一番重要なポイントとなっております。

理想は1分間同じ筋肉トレーニングを行い、それを3セットする。というのが筋肉が最も着きやすい回数だと
されております。

1分間のトレーニングを行い30秒ほど休憩を行います。その間で筋肉はダメージから回復しようとします。

この回復するという作用が筋肉へと変わります。

100回行っても毎日続けなければ意味がありません。筋肉トレーニングを行う時はどれだけの回数が
自分に合っているのか?をしっかりと見極める必要があります。

筋肉トレーニングを行い、ダメージを受けた筋肉が修復する作用を徐々に増やしていく事が、筋肉が一番着きやすい
回数となります。

最初は10回で十分ですので、毎日ゆっくりと行ってみてはいかがでしょうか?